月別アーカイブ: 2015年6月

珈琲と俳人と勲章と、の日。

亜羅毘亜の遊庭でいつもお世話になっているKISSACOの満田さんに
鹿児島の美味しい珈琲のお店を教えていただいていたのですが、
なかなか行けませんでした。

しかし、今日はやっと行ってみようと足を運びました。
鹿児島市武にある、
珈琲専門店「マリアッチ」!

満田さんの珈琲を飲みつけて、やっと珈琲の美味しさに目覚めた
珈琲初心者の私にもはっきりと分かる香りの高さ、重みのある苦さ。
そして、飲んだ後の清涼感が心地よい。

金沢大学で珈琲学を教えている教授の師匠でもあるという、
噂に違わぬ珈琲博士の安藤さんから
船乗り時代の話や珈琲そのもののお話まで、
盛りだくさんで、気づいたらいつのまにか時間が経ってしまう。

本棚にも興味深いものがたくさん。
珈琲関連から詩集も。

そこに鹿児島在住の詩人であり俳人である高岡修先生の詩集も置いてあり、
「高岡先生も来られるのですか?」
と安藤さんに訊ねると、「そうですよ」と。

しばし、まだ安藤さんの興味深い話しを食い入るように聞いていると、
「あ!高岡先生がいらっしゃいましたよ」と言うではありませんか。

高岡先生とは、かつて働いていたとある公共機関でお会いしたことがあり、
私は下っ端でしたので、覚えていらっしゃらないとは思いましたが、
先生の俳句に対する情熱を仕事を通して拝見し、密かに尊敬していました。

ご高名な先生ですので、その後も新聞、雑誌等で名前を見ては、
そのときのことを思い出すという方でありました。

まさか、今日ココでお会いすることになるとは!
しかも、今、話題にしていたそんな時に!

お連れ様が3名、全員で4名で、
お席に着かれ、珈琲を頼まれていたので、
勇気を出して、お声かけさせていただいたところ、

快く応じてくださり、その当時の話しをしたところ、
とても印象的だったことのようで、
また私たちの踊りや音楽の話しにも興味を持ってくださり、
お陰さまでそのあとずっと皆様とお話しさせていただくこととなりました。

IMG_1992

お連れ様は、高岡先生のお弟子さん、といっていいのか、職場の女性と
仙台からいらした俳人の高野ムツオ先生、長崎からいらした前川弘明先生でした。

俳句は、一番新しい詩の形体であるということ、
言葉で何かを形作るのではなく、点として置くことで読む人の心に広がるものを作るということ。

そして、俳句の「俳」は、俳優の「俳」と同じ。
人偏に、「非」。
「非」の成り立ちは、人が手足をばたばたさせているところ、
つまり、踊っているところなのだというお話を聞きました。

人が手をバタバタさせていると、何かではない状態になる。つまり「非ず」の状態。
人偏に「非ず」で、「人に非ず」。
それが、「俳優」という言葉に使われているのは、
俳優が演じるというのは何か「自分=人」以外のものになっているから、
それで言うと、
踊り手もその人以外のものになっている「俳優」であるのでしょう?

とお話いただきました。
確かに踊っている時は、何か違うものにふっと頭や身体が飛んでいく瞬間があるものです。
この頂いたお話をもっと煮詰めて考えたいです。

そういうわけで、というわけでもないのですが、
詩人であり俳人高岡修先生の元へ、近々、入門しようと思っています!

言葉にもっと繊細になりたいですし、
表現力を高めたい!
昔書いた手紙のことを思い出すと、添削しにタイムマシンに乗りたくなるし!
アラブの詩を「遊庭」で詠んでいて、またさらに詩にも興味が湧いてますしね!

そうはいっても、中学生の頃はやたら詩を書いてましたが、、、はやってましたしね。銀色夏生。やなせたかし先生の「詩とメルヘン」も定期購読してました。投稿もしましたね、、、採用されたことはないんですが。

さて、

そして、夕方には、
とあるお祝いの会へ。

勲章をもらわれた方のお祝いでした。
初めて聞く、叙勲の前後のこと、皇居でのこと。

戦後、人間宣言をされた昭和天皇の後を継がれた、平成天皇。
近くに来られたときは頭を下げていてお顔を見ることすらできなかったと。
背中を見送るととても神々しかったとも仰ってました。

鹿児島から関東へ、単身仕事に出られたその方の
歩んで来た日々、ともに歩まれた奥様、ご家族、
皆さんの笑顔と感動を一緒に感じた夜。

何か、胸がいっぱいで眠れませんが、
おやすみなさい!

レポ:第2回_亜羅毘亜の遊庭

鹿児島市名山町のレトロフトさんのリゼット広場でお送りする、
「亜羅毘亜の遊庭」の第2回目が6月20日(土)に行われました!

ご来場くださった皆様ありがとうございました!
今回は、鹿児島市内、遠くは屋久島から、さらに、鹿児島経済新聞の記者さんも
来てくださり、
IMG_1988

エジプトの珈琲や満田さんの珈琲のお話、
IMG_1989
トルコの音楽、お菓子を楽しみ、
IMG_1990

エジプトの映画と音楽の話しや、
珈琲占いもあり、
IMG_1980
千夜一夜物語の中の長い詩を読むという
1時間。
と、少し越してしまいましたが、
とても近い距離で皆さんと顔を合わせながらの会でした。

会の中でもお話ししましたが、
私の最初のベリーダンスの先生であるイラン人のNina先生から聞いた話の中で
家族みんなで、太鼓や踊りを楽しんでいたというものがあるのですが、
本当にそのような温かい雰囲気になったのではないかなと思っております!

オヤピアスも、彫塑家の田原迫華さんに気に入っていただき、
記念写真を撮りました!とてもお似合いでした!
IMG_1985
IMG_1986
踊りを見に来てくださる時にときどきしてくださるのですが、
今日もスケッチをしてくださり、それをいただいちゃいました。
IMG_2003
嬉しいです。お腹のみというのも気恥ずかしいですが、ベリー(お腹)ダンスですからね!
光栄です!

お一人でも、たくさんでも、
異国の文化を、そして踊りや音楽を楽しんでみたい方!
ぜひ第3回9月にまたございますので、ぜひいらしてください!

お越し下さった皆様、
宣伝してくださった皆様、
ご都合合わず、来れずとも気にかけてくださっていた皆様、

本当にありがとうございました!

エジプトから来た珈琲のパンチ力!とオヤピアス

6月20日土曜のアラビアノアシビナの軽い打ち合わせに
KISSACOさんへ行ってきました!

IMG_1864

なんと今日は、
アラブバイオリニスト及川景子さんがエジプトから手に入れてくださった、
アラビア珈琲粉を試飲してみました。

IMG_1865

IMG_1866

一口飲んで、オオッ!とうなり声をあげる私。
続いて、一緒に飲んでいた紅茶の専門家でもあるお姉様も
「こ、これは!」と。
口元に傾けたカップを即座に、まっすぐに。。

すぐには次の一口へ進めない、という、中々の強者。

もの凄くパンチのある珈琲で、とても苦い。
飲んだ瞬間に一気に覚醒しちゃいました。

しかし、これがどういう訳か、飲んだ後の口の中がとても爽快です。
カルダモンがよく効いているからのようです。
非常に、スッキリ。

他にも違うスパイスの入ったものがあるようです。
IMG_1867

私の中で、アラビア珈琲に新たなイメージが加わりました。

及川さん、本当にありがとうございます!

珈琲占い用の粉跡も出ています!
今回も、珈琲占いを先着でご希望の女性3名様に受けていただけます!
IMG_1869

そして、今回はトルコの「オヤ」という、細かく可愛い手芸飾りを使った
ピアスをご用意します。
IMG_1870

軽くて、可愛くて、耳元が華やかになります。
11303612_865579756843027_382157342_n
(写真のものは特別にイヤリングで作ってあります^^)

ぜひ遊びに来てください!

レポ/第1回【太鼓を叩こう!太鼓と踊ろう!ダラブッカ】

去る、5月31日日曜日。

第1回【太鼓を叩こう!太鼓と踊ろう!ダラブッカ】のワークショップが開催されました!

今回の参加者の皆さんは、みなさん【踊ろう】パート希望でしたので、
せっかくですので、ちょこっとだけ、ダラブッカも叩いてみました!

そして、踊りも初めての方がお二人と、
あとは皆さん、太鼓やリズムを勉強するのが初めての方でした。

学んだリズムは、
・サイーディ
・マルフーフ
・マクスーム

そして、Dの身体に感じるその響きをどうやって表すのか、
そのためには、Dの音をしっかり受け止めることを太鼓を叩くことを通して
体験出来たのではないかなと、思います!

みなさん、どうもありがとうございました!

円になって、皆で踊ったり叩いたりするとなにか連帯感が出て来たり♩
楽しかったですね!

IMG_1819

次回は、2015年6月28日日曜日
場所は、未定ですが、鹿児島市内!
詳細は追ってお知らせします!

お問い合わせは

arab.kagoshima@gmail.com
070-5275-3308
当日参加も大歓迎ですが、予約してくださると尚嬉しい!