月別アーカイブ: 2016年5月

満員御礼☆ポールダンス&ベリーダンスショー2016@鹿児島

集合写真

色々なことがありすぎて、言葉にするのが難しいです、、、
いつもですが、、

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!
来てくださったお客様の中で、ブログ等にアップする写真に一緒に写っても良いよ!
という皆さんと記念撮影しました!
写っている皆さんも、写っていない皆さんも、

ポールダンサー Elianaさん、じゃくそんさん、
ベリーダンサー アフロディーテ マユコさん、
ダラブッカ奏者 木下賢也さん、さとみさん、

オープニングアクトをつとめてくれたフラガンシアのちえみさん、美奈子さん、夏生さん、

おいしい珈琲とチャイを準備してくれたKiSSACOMITSUTAさんの
満田さん、いかちゃん、斉野さん、

おいしい軽食とスイーツを準備してくれた菓子工房 楓〜fu〜さんの
山脇さん、

いつもは音響さんなのに照明さんを担当してくれたスタジオカトレイの岩永さん、
照明を貸し出してくれたコモライトの小森さん、

皆さん、本当にありがとうございました!!!

ワークショップも

ワークショップ1
☆21日土曜日 ポールダンス体験WSにご参加の皆さん☆
IMG_5531_2

ワークショップ2
☆22日日曜日 ポールダンス体験WSにご参加の皆さん☆
IMG_5769_2

ワークショップ3
☆22日日曜日 チェアーダンスWSにご参加の皆さん☆
IMG_5781_2

皆さん、エンジョイしてくださってとっても嬉しいです☆

レポートは追々書きます、、、ええ!書きますとも!

まずは、御礼と集合写真まで!

madoka

マタニティ&産後ママベリーダンスエクササイズ

本日は、
国道3号線沿い、ピンクのビルが可愛い産婦人科産婦人科さん
堂園クリニックさんで、
月に一度のマタニティ&産後ママベリーダンスエクササイズの日でした!

九州では今、熊本を震源地とする地震が頻発しており気の抜けない状況ですが、
命を紡ぐ営みを少しでもサポート出来ればと
日々考えます。

妊婦さんのお身体、子宮というのは言い得て妙な言葉と思いますが、
まさに身体に命を宿すお宮であると。

子宮を抱く骨盤はゆりかごのよう、
横隔膜やみぞおちまで考えるとうーん、良いたとえが見つからないですが、
たけのこの里みたいな形のかわいい籠を思い浮かべます。。。

優しく揺れる骨盤と子宮の中で、赤ちゃんたちがほんわか笑顔になっているといいなぁと
そう思いながら、皆さんと踊っています!

image
汗もしっかりかいて、皆で踊りました!

そして、産後ママさんのクラスでは、
ちょっと負荷をかけつつ、筋トレ&ベリーダンス!

赤ちゃんも一緒にクラスに参加していますので、だっこしながら踊ったり、
対面しながら出来るエクササイズをたくさん取り入れています!

image
みんなお目目キラキラ!誰かが何かを話し出すとみんな何かを声にし出す。
赤ちゃんたちは何かを分かり合っているのでしょうね!本当に可愛いです!

出産後、6ヶ月は特に骨盤を正常な位置に戻す善いチャンスです!
生後7ヶ月までのおこさんとご一緒に参加頂けます!
ママさんおひとりであれば、そのあとでも大丈夫です!

6ヶ月が過ぎても、諦めずにぜひ運動して健康で美しいママさんで気持ちよく暮らしましょう!

madoka

21日は、ポールダンス&ベリーダンスのナイトショー!

20160521_フライヤー表_調整済_最新_J今日は、いよいよ、
21日(土)に開催する
ポールダンス&ベリーダンスのナイトショーに使用するステージポールが京都から発送されたと
連絡が来ました!

ステージポールというのは、こういう感じの物で、、
IMG_1532

こんな風に組み立てます!
IMG_1515

重さ100キロ以上ある金属の塊です!
去年はヤマトのお兄さんもちょっと当惑!
IMG_1487
でも、笑顔!

お陰さまで、ヤマトのお兄さんに覚えてもらって、その後のトラブルを上手く解決してもらえるという
ご縁までいただきました。。。ありがたいです。。

そんなこんなで、もういよいよ明後日!
明日は、ポールダンサーElianaさんの鹿児島入りです!

http://madoka-bellydance.com/?page_id=1042

FaceBookにばかり、記事を書いてすみません。

書きます。書きます。
書かねば!

見れる方は、こちらもどうぞ!

madokaのFacebookページ
※Facebookをしてない方も見れる設定になっているはず!
違ったら教えてください!

そうは言っても、書かない日も多い。。。

京都国際ダンスインターナショナルワークショップフェスティバルに参加しています!

9日間、フランチェスコ・スカベッタ先生の身体の驚きを発見するワークショップとルイス・ガレー先生のダンスクリエイションのワークショップ。

ハディア先生のベリーダンスの解剖学とも通じる。
力学を応用して身体の可能性を探る。
できないと思っていたことが出来る、それもほんのちょっとした身体の使い方、ヒントの持ち方で。

物と事柄と関わる。
掘り下げる。
身体の経験が深まる。

4日目が終わり、身体の感覚が研ぎ澄まされてくる。
image

image