日別アーカイブ: 2019年4月13日

屋久島の春2019【第1日目】その3〜平内海中温泉荘さんへ〜

4/5金曜日が新月、大潮ということで、
引き潮の時に入ることの出来る海中温泉へ行ってみよう!と、
海中温泉のすぐそばにある平内海中温泉荘さんに宿を取りました。

D37D2AA2-9450-4530-B6B1-94A994491E8C

メディアにも度々取り上げられていますよね。
D6A64B4E-AE27-4FAD-966B-CB45A4EC76EE

本当に近くです!

D53AA1CD-982C-43DD-B812-5DFB1A9F8902

到着した17:00頃はまだ温泉は海の中でした。

食事をして大潮の時間夜中の12時を待ちます。
宿のご主人が漁をしてとってきたお魚を奥様が調理してくださいます!
豪華!
FBDDD1EE-3C9C-4760-B84A-F43F13F082A0

ご主人が、大潮の時間にならなくても夜の10時くらいになったら温泉には入れるよと教えてくださいました。
大潮の前後3時間くらいが温泉の出現時間だそうです。

10時頃を待って、真っ暗な海へ向かいました。
真っ暗すぎて何も写真には写りません。
風も強くて、怖いので足湯だけ入りました!
D52EC18E-4142-420F-B1D3-00D84BCF8DFB

実際に温泉につかるのは次の大潮、12時間後前後の午前10時頃を狙うため、
早々に眠りにつきました!

屋久島の春2019【第2日目】その1〜大川の滝と海中温泉そして珊瑚〜

madoka

屋久島の春2019【第1日目】その2〜島の記憶〜

最大にして唯一と行っても良い、そして第一番目の目的地。
43F0FE07-A688-44FB-9C26-BC6B1DEA2ABD

駆けつけ一番、エッセンシャルオイルを抽出後のほかほかな地杉チップを触らせていただきました。
良い香りと温かい木片を触ると温泉のようです。
79387ED5-BC7A-4327-A96A-2D5D4DF9EEE0

工房内で優子さんが、抽出したてのオイルと寝かしたオイルを見比べさせてくださいました。
279E7FD5-CA51-444F-901C-3C211D84645F

こぽこぽと美しい油滴が舞います。いくらでも見ていられそうです。
336B8844-BCC7-495C-B737-7A2F0925C231

工程で使用する水は全て白谷雲水峡を源とする湧き水なのだそうです。
DD966ABB-80C0-42D2-BCD9-BC2605F3C440
抽出風景を見学し、翌日に完了作業を見せていただくこととし、
優子さんが関連施設の現在は休業中の『s.p.aKioku』(スパ キオク)へ連れていってくださいました。
F0A68B8A-991E-4B7A-934D-AD05C242CADD

周辺には香りの良い草木が自生しています。
施設の建築の際に、出来るだけ周辺の植生を変えないように、そこにある木はそのまま、
何か別のものを持って来て植えるということをせずに作ったそうです。
AD292C0F-37F5-4663-9005-ABA7FBC1FCE4

「循環」の精神が貫かれています。
E8D66DE4-0484-4A86-98F8-CDC7FFF73DCA

建物の中は美しく穏やかな施術ルームです。
23EE1F05-FC71-40F9-B557-A11D63455554

落ち着いた待合室。
B04A628E-E664-413F-B079-009DA5C62E1A

雨戸を開けるとそこは別世界。
D70BE6DD-2589-4A4F-A7DA-116B0C0525BC

2つの小さな渓流が交わる洲の様になっている場所だそうです。
サラウンディングで水のさらさら流れる音が聴こえます。

建物の裏手には、建築時に伐採した木を残しており、寒い時期の薪として使っているそうです。
「循環」ですね。
95EB1307-876B-43EE-8E8A-51341B3A1853

身も心も洗われて、『s.p.aKioku』さんを後にしました。
471DA5CB-E22F-4E28-9F50-FF44914DCDD0

そして次の目的地へ!

【第1日目】その3〜海中温泉荘とは!

madoka

屋久島の春2019【第1日目】その1〜フェリー屋久島2で〜

2015年1月に「中近東音楽と踊り」を屋久島宮之浦の環境文化村センターで開催させていただいてから
約4年も経ちました。本当に久しぶりの屋久島にお伺いして参りました。

きっかけはダンススタジオアルフレイラがあるトマルビル3Fのお隣さんです。
屋久島で採れる地杉やたんかんの捨ててしまう部分を使って「循環」をテーマに
アロマオイル作りをされている「株式会社 やわら香」の出張所「島の記憶」の優子さんと出逢って、
遠くないうちに屋久島にお伺いしたいと思っておりました。

度々綴っておりますが、ポールダンサーのElianaさんと私は京都のとあるサロンで共に
アロマトリートメントをしていた元同僚でもあり、Elianaさんは今もご自身のサロンをお持ちで、
私は趣味として、アロマオイルやボディトリートメントを楽しんでいることから、
4/6の「薩摩おごじょに贈るポールダンスショー&ベリーダンスショー2019春」の日程近くで
「島の記憶」さんの工房見学に行ってみようと言うのが今回のテーマでした。

さて、4/3水曜日8:30出港のフェリー屋久島2に乗って鹿児島港から出発です!

車載部分の上に、客室1〜3Fのフェリーです。

船内を探検。
最上階3階のデッキから徐々にあちこちを歩きます。

まずは外を見て。

E34B93D3-31BF-4F80-A2D0-01DCEBE55044

船尾の向こうに桜島。港を出港すると水上で徐々に旋回し向きを変えます。

2階にはシアタースペースがあります。
納涼船の役割をする時に、ここで日本舞踊等が催されるようです。
いつかここで踊ってみたいです!折田汽船様!ぜひオファーを!
97A5EA0B-1422-48DA-8DD2-263D26D0D8AF

1階奥にはうみがめルーム。
鹿児島の屋久島や吹上浜ではたくさんのウミガメさんが産卵しにやってきます。
研究の為に保護し1年間フェリーの中で、海からくみ上げた水で飼育したウミガメさんは放流されるそうです。
2F110D29-030F-4C5B-A25C-05F41E97BCF7

宿り木が水槽に浮かべてありました。
55AA48BB-1000-44B0-A3EF-0B0E1FEB19E1

可愛いです。
1525F5F8-5A10-48A6-8948-7433B47EFCD3

2階のシアターの前にはおうどんとおそばが食べられる食事処があります。
なぜでしょう、フェリーの中で食べるうどんの美味さ!堪えられません!
13F43685-E795-4A26-A186-5E5604387A08

屋久島到着まで約4時間。
12時半に宮之浦港へ入港です!
14DA305E-5F27-4C4A-A5D5-4ACE717937DF

港にはElianaさんと同じく関西でポールダンサーをしていらっしゃるエリカさん(お休み中)が飛行機で到着されていて、
いざ、今回の目的地「株式会社 やわら香」さんの工房へ参ります!

【第1日目】その2〜島の記憶へ

madoka