カテゴリー別アーカイブ: 学び

霊峰高千穂峰-新旧霧島神宮全てを参詣霧島神宮

霊峰高千穂峰
登頂成功
40D093FD-278B-4632-AB25-D94F3D2E2161

B70C5EDF-B940-4C58-B4A0-E67AA35A2095

2人でそしてみなさんのお力をいただいて
ダンスイベントをやり遂げて
地球の歴史や
日本国で動いてきた人々の信仰や支配の歴史、
を感じられる場所へ
自分の足で歩いて
皮膚で肺で全ての感覚で
力を受け取りながら
参詣いたしました。

4AB059DF-F1C6-422E-B9DF-8DABD1206352

A4BEC004-3ACA-40B3-A3CB-4986931683FB

=以下 、脳内メモ。いつかまとまるかも?=

今回、腑に落ちた言葉は
私たちと一緒に歩いてくださった
山好きの姉様のお言葉
「文化のあるところには信仰があるが、
(おそらく山岳信仰や神話の伝承など)
そうでない山で美しさや神性を感じる場所はある」

物質的豊かさや生命維持可能な土地であることと信仰や神話は結びついてるということかもと感じ納得。
南極に神話はない。
神はいる?
私たちが知るような神話が創作(失礼!)されているような時代に
南極大陸の存在を誰も知らない。
神話は人が人を支配するために作ったもの。
天孫降臨が支配の根拠とされているが、
天孫は神ですかね?人ですね。
だって世界は日本しか無いわけじゃないでしょ
神なら地球全部産んでてもいいんじゃないかしらね

なぜ鹿児島、宮崎に神話の場所が残っているのかって、そういう話を作っても文句を言って来るような有力な豪族がいなかったのでしょうねというM先生の言葉もかなり納得。

北九州には沢山の強力な豪族がいたようで、ここに天孫降臨などと言えなかったよう。
面白い話ではあるが
今回トルコ料理とベリーダンスショーをするにあたってトルコと中東情勢について少し情報をさらっていてみたが、
シリア、トルコ、クルドと大航海時代から連綿と続く欧米列強、中東の歴史、
結局のところ近現代式の国を作るノウハウを持っているかどうかというのが単に国という枠を作ってきただけであるのだなという印象を持っている。
民族独立、五族共栄、民主主義?正義はない。

どんどんズレてしまうが
かつて国、という概念と自分を特別な存在としその他を自分と関わる特別な存在とし、そうでない者を卑しい者もしくは敵とする、概念、ノウハウを持った人々がいた。

そんなことよりもずっと前から
山は存在し、霧島山と呼ばれる21の火山は荒れ噴き、時に長く沈黙し、また火を噴き

そうしているうちに植物や動物が行き交い人間が生きて
山を恐れ、火を鎮めようと祈り

そうこうしているうちに
ノウハウを持った人間がやって来るのか
祈っていた人々が方法を編み出したのか

私は特別。あなたも特別。
私は特別ではない。あなたは特別ではない
そのことに意味はあるか?
身もふたもないが、私は特別でなくとも生きている。何と比較して特に別なのか?

特別である必要はない。
私自身と他の存在を感じる身体があれば
この生命を生きている間はそれで良いのだ。
そしてそれは他の誰も皆同じ。
神はいる?
神がいたらいいね
いたらいいねというみんなの気持ちが
この世には存在してるってことなのかもしれないですね。

M先生ご夫妻
本当にありがとうございました!!

madoka

銅鼓〜海のシルクロードを渡って

11月、文化の日は
初めて九州国立博物館へ行ってきました。

今回の特別展は『三国志展』
日本で学ぶ歴史の中では
弥生時代、卑弥呼の邪馬台国が
中国に存在した魏呉蜀の三国時代に
魏の国から金印を送られたとあります。

鹿児島の地理的状況や
人々の顔立ちや地域の文化を考えるとき
大和王朝成立以前、また神道の成立や仏教伝来以前の
日本、アジアについて興味が湧いてきます。

三国志はまさにそのような時代の中国を
歴史絵巻にした壮大な物語だそうですが
内容を完全に把握するのは大変な労力が必要と思います。

夫のダルブッカ奏者で陶器の太鼓『陶鼓』
を製作している木下賢也と一緒に観に行ったのは。
展示目録に記されていた
その名も『銅鼓』。
青銅製の太鼓。

海のシルクロードを行き交う民族がその時代に使用していた祭祀用と思われる太鼓だといいます。
大きさは直径約150cmはあろうかと思われる
打面が上面に位置し、胴体のシェイプは少しダルブッカやジャンベにも似通った形状に見えました。
馬やカエルの兵士の装飾が施され、全体が青銅で出来ています。
四方に耳のようなものがついており
もしかすると吊り下げていたのかもしれません。

いったいどんなどんな音がするのか?

聴いてみたいものです。

3A457D42-DBA1-4E2F-B02C-CFBDC459C720

入り口は関羽像がお出迎え

そして今回、
その当時の航海技術がインドや東南アジアから中国の沿岸部までもカバーすることのできるほどであったことがよく分かる展示でもあり
非常に興味深かったです。

44A606EC-6A9A-4FF7-B34C-B55300BDB659

当時のクロスボウから放たれる矢をシミュレート かなりの恐ろしさ 矢を調達できる豊かさと立ち向かうための強靭な精神がなければこの戦乱の世は生きていられなかったろうと思いを致す

42725A47-6D9A-44E5-98CB-96A2ECA1019D

踊る人を象った舞踊俑 袖を手で掴み裾をつまみあげて表情豊かに踊る姿が可愛らしい ここで初めて「兵馬俑」の「俑」が像の意味だったことを理解する 明白了!

442254D2-F01D-4C03-8262-7D484C60C152

琴を奏でる俑 これも表情豊か これだけでなく小さな俑にも奏楽の様子があらわされていた

3D2D1498-7344-49F8-9418-0CD5BC6735E3

銅鼓、とても大きい

DABCC730-9DBF-4CBC-85B7-2E1034DA0BCD

カリカチュアされた虎の愛らしいこと

 

 

8F85ED0D-EF0C-4C5F-A4A6-204AA854BB1D

初めて食べる梅ヶ枝餅は太宰府で食べたいと思っていた願いがかないました 手焼きで目の前で作ってくれます 焼きたての香ばしさに思わずあっという間に食べてしまいました

A0692709-B558-4294-B843-175D26371421

太宰府の道真様に人生のデフラグがうまくいくように祈願

九州国立博物館『三国志展』
2019年10月1日〜2020年1月5日

madoka

Nesma『Muwashaht~From Cordoba to Damascus~』群舞で出演させていただきます

01D7DA88-D52D-4A43-8367-D7B4753D9A5B

来月2019年7月、
待ちに待ったスペインのNesma先生による公演が
広島で7/15(月・祝)、東京で7/19(金)で行われます。

この公演は過去、Nesma先生のお膝元スペイン及びパリで行われ、
大変好評を得たものであり、その内容を日本で選ばれたキャストで
新たにジャパンプレミアショーとして作り上げられるものです。

⭐︎公演の様子はこちらで少しご覧いただけます↓↓↓

それらを日本で初めてのベリーダンスコンペティションで優勝と準優勝を共に飾った
広島のEmaさん、東京のSalimaさんというお二人が情熱を傾けて主催する
大変貴重な舞台です。

2017年、広島まで見に行った同じくNesma監修の全編生演奏
アラブ世界の大歌手ウンム・クルスームの『Enta Omri』に題材を得た
その名も『Enta Omri』に感動し、
いつかこのNesma先生の舞台を肌で感じたいと願った日を忘れません。

昨年、この『Muwashahat』のオーディションがあることを知り、
できる限りの準備をして望み、結果群舞での出演合格をいただき、
毎月充実したリハーサルに取り組んでいます。

全ての音楽は生演奏であり、
Nesma先生が研究しているアラブ音楽やモロッコ、アル・アンダールスの音楽から
着想を得た新たな美しい音楽作品と共に
踊りとイベリア半島の歴史解釈をお楽しみいただける舞台です。

ベリーダンスと聞いて頭に浮かぶような、
露出度の高い衣装や蠱惑的な仕草は登場せず、
歴史的な絵画や古典詩、各種の民族舞踊からNesmaの高い独創性に基づいて
創作された新しいベリーダンスの舞台です。

わかりやすい女性美や、エンターテイメント性に注目されがちな
ベリーダンスと名付けられたジャンルですが、

ここに、
美とは何か、
官能とは何か、
歴史から学ぶことは何か、
音楽や踊りにできることは何か、
古きに学び現代に生きることとは何か、
そして芸術の可能性、芸術への挑戦とは何か、
私にそこまでのことが言える資格があるか自信はありませんが、
演じ手はもちろんのこと観客の皆さんにも問う何かがあると感じています。

この画期的なステージに群舞のダンサーとして
たとえ少しだとしても立つことができることが
本当に幸福です。

●新しいダンススタイルを確立することに意欲的な方
●異国の音楽に触れたい方
●ベリーダンスの革新的な分野を見てみたい方
●Nesmaの美しい世界を感じてみたい方

ぜひみなさんにも目撃しに来ていただきたいです。
この公演前と公演後では心に浮かぶベリーダンスの概念が全く変わって来ます。

そしてこの舞台に関わった私たち日本キャストの皆が
またそれぞれの場所でそれぞれの独創的な踊り手として活躍していくことと思います。
私もそうあろうと努力します。
ですからこれは本当に誰にとってもエポックメイキングな舞台になるはずです。

チケットのご準備はぜひお早めに。
そして
会場でお待ちしております!

madoka

スペインの風を感じたくて

『Muwashahat~From Cordoba to Damascus』7ジャパンプレミアツアー7/15広島・7/19東京公演の練習に現在取り組んでいますが、この公演はスペインのオリエンタルダンサーNesmaの総監督総演出になっており、振り付けにも独特の美しいテイストがあります。
少しでもNesma先生の故郷へ近づきたく、今日は鹿児島の情熱のフラメンコダンサーであり指導者でもあるAmi先生の教室「デュエンデ」へお伺いしました!
フラメンコ楽しいです!でもものすごく難しい!

Ami先生から愛媛のお土産「母恵夢」をいただきました。
私は松山市に小学5年生から中学2年生まで住んでいたので、とても懐かしい気持ちで嬉しく頂戴いたしました!

70C8F2D2-FA25-48BB-B21F-9A5F4CB9C6A2

BB35F476-E612-40AD-92E9-5717FFA42A3C

madoka

薩摩川内市へ行ってきました!

IMG_1618

本日は、
鹿児島純心女子大学看護学部の中野教授を訪ねて
薩摩川内市へ行ってきました!

ベリーダンスエクササイズの内容を深めたく
ご相談のために伺ったのですが

思いがけず
居合わせた女子大生の皆さんと
ベリーダンスのミニミニレッスンタイムとなりました!

皆さん、とっても飲み込みが早く
明るく朗らかで
楽しい時間となりました!

ありがとうございました!

madoka

阿波踊り初挑戦!

image

踊りはなんでも好き。
それだけでなく、古くからある、庶民の踊り。そして、女性の。
アンテナをいつも張っています^^

そこで、
立命館大学の鹿児島県校友会でいつもお世話になっている
徳島県出身の小池先輩から阿波踊りを習いました。

<経験から阿波踊り考>
我が家は父方が、農家の系譜。
続きを読む

及川景子先生WSに参加しました/夏の大感謝慰労祭@熊本〜その1〜

8月7日、朝5時半起床、熊本へ向けて出発しました。

及川景子先生が夏の大感謝慰労祭@熊本、と題して、
毎年、先生を招聘されている上村葉子ベリーダンスグループの皆さんを
労いにエジプト音楽やベリーダンスについてのお話をされるとのことで、
やってきました。

内容は
「黄金時代、伝説のダンサーたちと名シーン」と
名曲「Enta Omri(あなたは私の人生)」の解説、
の2コマでした。
続きを読む

京都国際ダンスインターナショナルワークショップフェスティバルに参加しています!

9日間、フランチェスコ・スカベッタ先生の身体の驚きを発見するワークショップとルイス・ガレー先生のダンスクリエイションのワークショップ。

ハディア先生のベリーダンスの解剖学とも通じる。
力学を応用して身体の可能性を探る。
できないと思っていたことが出来る、それもほんのちょっとした身体の使い方、ヒントの持ち方で。

物と事柄と関わる。
掘り下げる。
身体の経験が深まる。

4日目が終わり、身体の感覚が研ぎ澄まされてくる。
image

image

沖縄でWS&踊ります!

4/24、沖縄でベリーダンスショーに出演させていただきます!
以前はエイサーで踊ったことがありましたが、全く違う緊張感がありそうです!
ショーの案内はコチラ

とってもとっても楽しみです!

超有名な東京のBarbeeMakoさんやNoelさん、Hiromiさん、Makiさん、
私の憧れ広島のEmaさん、
オーガナイザーのSaliさん、Kahinaさん、
TT1、2をともに学んで来た群馬のみわさんや東京のイリコさん、ライマさん、
そして、尊敬するHadia先生!!

こんなに素晴らしい方々と一緒にショーに出ることが出来るなんて
本当に嬉しい機会です!
沖縄におられる方はぜひ!

さらに、その日はワークショップをさせていただけることになりました。
お題は「ジプシーステップベーシック」です。
9拍子に合わせて、足の運びから骨盤の使い方などを丁寧に追っていく1時間になります。

Hadia先生のティーチャートレーニングLevel3のプログラムの一環ということで、名だたる先生方の間に入れていただいてのチャレンジです。
分かりやすく、楽しくワークショップが出来ますように!

ワークショップの案内はコチラ

私は4月24日の11:15からです!

ポールダンサーエリアナのフェミニンストレッチクラスでした!

2016年1月29日、京都からポールダンサーのエリアナ先生が今年の鹿児島でのポールダンス&ベリーダンスショーの下見に来てくださいました!

来てくださるとしたら、やはり、フェミニンストレッチはお願いしたい!
ということで、エリアナ先生のフェミニンストレッチクラスを開催していただきました!
更に、2015年5月のWSで行った振付けの限定復習会もありました♩

20160129_Eliana_ストレッチレッスン

復習会では、参加者の方は久しぶりとはいえ、以前の記憶が蘇ってくるのか
しっかりと踊ることが出来ており、手応え充分のようでした。

フェミニンストレッチクラスでは、
じっくりと伸ばすエクササイズを使って、だんだんとフェミニンなダンスに変わっていくというとっても楽しい体験をさせていただきました!
そして最後には、エリアナ先生のセンシュアルチェアダンスのミニパフォーマンスを参加者皆さんかぶり付きで見せていただきました。

お陰さまで気持ちは、クィーンな夜となりました!
皆さん、素敵な表情です!
20160129_Eliana_集合写真

どうもありがとうございました!

そして、エリアナ&madokaによる5/21(土)ポールダンス&ベリーダンスショーが決定しました!
そのステージチャレンジをされる方を募集しております^^
ぜひ挑戦してみてください!詳細はコチラ

madoka