ブログ

呼び名の考察(まだまだ途中ですけど)オリエンタルダンス ベリーダンス エジプシャンダンス ターキッシュダンス

ベリーダンスと聞くと、妖艶な女性の踊りというイメージがある方も多いかもしれません。

一昔前までは、その名前すら知られていなかったことを思うと、どのような形でも知っていただけているのは、この踊りに取り組む者の一人としては嬉しいことと思っております。しかしながら、妖艶であったり、女性性の踊りというのはベリーダンスと呼ばれる踊りの、「とある一面」でしかあり得ません。中東を起源とするベリーダンスは今、英語圏の国々で紹介された際に英語で名付けられた「Belly(ベリー)=お腹」の踊りという名前から、「Oriental(オリエンタル)=東方の」踊りという名としての認識を広めようという潮流がヨーロッパ及び本場エジプト、トルコから起こっています。

しかし、果たしてその名前は歴史の検証に耐えうるのでしょうか?

なぜならば実際に「Oriental Dance(東方の踊り)」と表記した際に、違和感はありませんでしょうか?

このことはオリエンタルダンスと呼ぶことを強く提唱しているスペインのNesma先生のFacebook投稿の中でも度々議論を起こしていますが、「Oriental」もしくは「Orient」という言葉の想起させるイメージに、我々アジアの日本やまたお隣韓国、台湾、中国、まだ言えばベトナムやタイその他、ロシアを除く、ヨーロッパの東側の多くの国々がありませんでしょうか?

ヨーロッパにとっての「東」を意味する地域が、アフリカ大陸北部及びアラブ諸国であった頃、その「オリエンタル」という言葉は、まさに彼の地を指していたと思われますし、現在もそうなのだと考えられますが、移動手段や地理の計測方法が確立されたこの時代においてはその広汎な意味を持った「オリエント」はもっと多くの地域を指すことになってしまっている状況があると考えられます。

そしてまた、これはオリエンタルダンスの本場である、エジプトやトルコを代表とする地域そのものが、ヨーロッパの視点を持って自分たちの文化を名乗っていることに他ならないようには考えられまいかと危惧しています。

私は語学の専門家ではありませんが、呼び名におけるある種シンプルな違和感の中に人や文化の永続的なアイデンティティ確立の種が眠っていると、かの映画「千と千尋の神隠し」で名前を奪われ、雇用主によって新たな名前を与えられ、そして名前を取り戻す過程においても描かれていたその論理を持ってこの「ベリーダンスからオリエンタルダンスへの呼び名を変更する潮流」に疑問を持っています。

そして、歴史を振り返る際に中東が植民地として帝国主義に蹂躙され、紛争の火種となってきたそのヨーロッパ的視点から自らを名乗ることを是とする現状をこれから時代が下っていく際に、容認されるだろうか?とも考えられます。

だからと言って、新たな提案を未だ持つには至っていないところが私のジレンマではあります。

解決策の一つとして、「エジプシャンダンス」という方もいるでしょう、「ターキッシュダンス」という方も、しかしこれでは1990年台に日本に入ってきた「ベリーダンス」の「自由」で「美しい」目新しい踊りとして取り組む人々の心を魅了した踊りとしては、限定的過ぎる呼び名になってしまうでしょう。

原点に立ち返り、アラビア語の踊りの意味「ラクス」と呼ぶのが一番ふさわしいのではないでしょうか。ただトルコの「踊り」の意味を包括しないことが気になります。

しかしながら、「バレエ」がもともとフランスにおいて呼び名として確立される際に、イタリア語の「Ballare(バラーレ)」から言葉を取ったという説があることも鑑みて、トルコにおいても「ラクス」と呼んでいただくことを了承してもらうか、、「ベリーダンス」より、マシだというのであれば。

「東洋=オリエント」に生まれ生きる人間としては、中東の踊りを「オリエンタルダンス」と呼ぶのは大変抵抗がある。このことは絶対に主張しておきたい。どうしてもそう呼ぶのなら仕方がないが、「ベリーダンス」に対する性的な意味合いを想起するその認識をこそ、変革させるべく取り組む方策はないのであろうか。ただこの主張には一つの大きな欠陥がある。それは、そもそも、我々が東というのはどういうことだ?我々からしたら、北米南米の方が東で、中東は西なのですが、この件をどのように扱うかという問題も生じる。外来語をカタカナでそのまま受け入れてきた日本において、問題提起としての理解を得るのも難しそうである。

そういった、呼び名から端を発する疑問が私をエジプト民族舞踊への取り組みへと駆り立ててきた要因の一つであることは、間違いありません。

まだまだ考察はつづきます。

madoka

Leila Wi Leila/チケットサイト案内

音楽と踊りの一夜と一夜
『Leila Wi Leila〜レイラ ウィ レイラ〜』

【第一夜】
2022年11月5日土曜日
開場 18:30 開演 19:00
場所 鹿児島市中央公民館1Fホール
出演 
  (踊り)
Huleya ベリーダンス・日本ベリーダンス連盟理事(第1夜ゲスト)
    madoka ベリーダンス・エジプト民族舞踊
ダイーラ ベリーダンス・エジプト民族舞踊
(音楽)
濱田貴志 クラシックギター(第1夜ゲスト)
木下賢也 ダルブッカ HANG
チケット取扱 https://teket.jp/4165/16294

11/5(土)
鹿児島市19:00開演

左の QRコードを読み込んで、teketからも買えます^^

他、メール
alfleylaraboratory@gmail.com
ブックスパーチ(直売)

【第二夜】
2022年11月19日土曜日
開場 18:30 開演 19:00
場所 南九州市コミュニティセンター川辺文化会館
出演
(踊り)
鹿児島うるまエイサー エイサー(第2夜ゲスト)
madoka ベリーダンス・エジプト民族舞踊
ダイーラ ベリーダンス・エジプト民族舞踊
(音楽)
木村紀子&濱田貴志from Trio Paysage
木下賢也 ダルブッカ HANG(第2夜ゲスト)
チケット取扱 https://teket.jp/4165/16304

11/19(土)
南九州市19:00開演

左の QRコードを読み込んでteketからも買えます。

他、メール
alfleylaraboratory@gmail.com
ブックスパーチ(直売)

チケットは
アルフレイラベリーダンスラボラトリ
alfleylalaboratory@gmail.com

ご紹介/Leila Wi Leila~音楽と踊りの一夜と一夜〜

madokaが代表を務めるアルフレイラベリーダンスラボラトリ主催の公演、『Leila Wi Leila』が2022年11月5日、19日と二つの夜、二つの街で開催されます。

詳細、またチケットサイトは下記の通りです。

ぜひ皆さんお越しください!

==========

昨年末にお届けした一夜のベリーダンス公演。
今年は、あの夜をバージョンアップしてお届けいたします。
その名も『Leila Wi Leila』アラビア語で「一夜と一夜」。

どんな状況にあっても、私たちは朝を迎え、そして昼を経て、夜を過ごし、また朝を迎える。
一夜ごとに身体を休め、それがたとえ時間としては昼であろうとも、生まれ変わり新たな歩を進めてゆく。それが、立ち止まっているように見えたとしても、疾走しているように見えたとしても。

そんな一夜を一つ一つ、2つの街で、音楽と踊りで紡ぎます!

今回は民族舞踊、ベリーダンスの歴史や定義などをテーマにお話なども展開するため、第一夜の11/5(土)鹿児島市中央公民館1Fホールでのゲストには東京より日本ベリーダンス連盟の理事でもあるHuleya氏をお迎えします。また、昨年同様、イスラム文化の花開いたイベリア半島におけるアル・アンダルースにちなみクラシックギター奏者の濱田貴志氏に演奏をお願いしております。

そして、第二夜の11/19(土)南九州市コミュニティセンター川辺文化会館でのゲストには、第一夜の音楽をさらにパワーアップして濱田貴志氏の所属するTrioPaysageよりフルート奏者の木村紀子氏と同じくクラシックギター奏者濱田貴志氏をお迎えします。さらに、メインテーマのエジプト民族舞踊とともに沖縄の民俗舞踊と言っていいものか、祈りと言うべきか言葉を選びますが、、「エイサー」から発展した現代のエイサーを舞う「鹿児島うるまエイサー」の皆さんにお越しいただきます。

どちらの夜も私madokaとベリーダンスグループダイーラ、ダルブッカ&HANG奏者の木下賢也が出演いたします!

フライヤーのデザインには日本のベリーダンス界ではアラビア語の素晴らしい先生として有名なEhab Ebeid先生にアラビア書道による美しい題字を書いていただ来ました。そのいただいた文字はアルファベットの題字の左横に配置しております。

私がアラビア書道に初めて触れたのは、マレーシアにおいてでした。
マレーシアの博物館や美術館に金や銀の施された華やかな額縁に彩られて展示された模様のように見えたそれらの美しい曲線たちが、実は文字だと知り、驚嘆しました。20数年の時を経て、このように自分の考える言葉をその美しい存在として受け取ることができるとは夢のようです。
ぜひともフライヤのアラビア書道にもご注目ください!

妖艶、だけでない楽しく、美しく、ちょっと歴史の勉強になる!
ベリーダンスと今皆さんと多くの人がその名前で知るようになった踊りについて、見て聞いて踊ってみる一夜と一夜です!
どうぞ、みなさまお越しください!

========
音楽と踊りの一夜と一夜
『Leila Wi Leila〜レイラ ウィ レイラ〜』

出演
(踊り)
Huleya ベリーダンス・日本ベリーダンス連盟執行部(第1夜ゲスト)
鹿児島うるまエイサー エイサー(第2夜ゲスト)
madoka ベリーダンス・エジプト民族舞踊(両夜出演)
ダイーラ ベリーダンス・エジプト民族舞踊(両夜出演)
(音楽)
濱田貴志 クラシックギター(第1夜ゲスト)
木下賢也 ダルブッカ HANG(両夜出演)
木村紀子&濱田貴志from Trio Paysage(第2夜ゲスト)

【第一夜】
2022年11月5日土曜日
開場 18:30 開演 19:00
場所 鹿児島市中央公民館1Fホール
チケット取扱 https://teket.jp/4165/16294

【第二夜】
2022年11月19日土曜日
開場 18:30 開演 19:00
場所 南九州市コミュニティセンター川辺文化会館
チケット取扱 https://teket.jp/4165/16304

チケットは
アルフレイラベリーダンスラボラトリ
alfleylalaboratory@gmail.com

もしくは
teketでの取り扱いもあります!
※teket取扱初めてなので、何かありましたらお知らせください!

madoka

膝痛予防/安全にシミー、フィギュアエイトをするためにも

ベリーダンススタジオアルフレイラ主宰、ベリーダンサーで講師のであり、健康運動指導士でもあるmadoka(木下まどか)のブログです。

今回は、膝痛予防、または改善における非常に興味深い動画を見つけましたので、ご紹介します。

もし膝痛は膝関節にある軟骨がすり減ることにより起きる。
ベリーダンス関係なく、膝痛の改善について知りたい方は下記リンクの動画、22:48からの簡単な運動(運動とも言えないくらいの簡単な動作です。怖がらずに、ぜひみてください!)をやってみてくださいね!
但し、対象者は膝関節の軟骨がまだ少しでも残っている方だそうです。その解説は22:48の少し前から始まっています。

膝痛の徹底解説です。

この動画の中で、足を振る運動を朝一起きてすぐにすることについての重要性について先生が語られています。

「膝関節には袋がついている。その袋(滑膜)が伸びたり縮んだりすることで、(袋の内側の)軟骨の栄養剤ヒアルロン酸やコンドロイチンを出す。

(この運動を)いつやるか、一番大事なのは朝起きてする。
(それは何故か)6時間くらい寝るとする。

軟骨の7割は水である。寝ている時に寝返りすると水は下へ落ちていく。仰向けに寝ていると水は身体の下に溜まってします。すると膝軟骨が乾いているところと湿気っているところがある。

朝起きてすぐにトイレに行くなどすると、起き上がる時に5倍の負荷がかかる。乾いた状態で立ちあがるのは軟骨が削られてしまう。

朝起きたら足を30回振ってください。両足とも。それからトイレに行ってください。」

そして、この運動の説明の後、膝が痛かった方が、毎日この動きをすることによって痛みがなくなった例を紹介されています。

さて、ではベリーダンスをしていて、膝が痛くなる。つまり膝の軟骨がなぜすり減ってしまうのか?それは、膝関節が動くべき方向以外の方へ動かしているからです。

特にベリーダンスでは骨盤を震わせる動きシミー、また骨盤を8の字に動かしたり、円運動させたりと、さまざまに骨盤を動かしていきます。

その際に、多くの方が形を追うために膝を内側や外側に捻って使っています。また、前ももや後ろもも、ふくらはぎの筋肉を高速で動かさなければならないと思い込み、過剰に緊張させた状態で膝関節を動かそうそてしまうからです。
それは大変危険であり、膝が痛くなる原因となります。

膝の関節は前後に動くのみです。
必ず、前後に動かしてください。
骨盤を大きく動かしているように見せかけるために、膝を捻るのは大変危険です。

●基本姿勢●
まずはつま先と膝をおへそとお鼻の向いている方向へ水平に並べます。
床との接触位置は坐骨の真下です。

膝は自分の膝頭が向いている壁に向かって前へ進み、
膝の裏が向かっている壁に向かって後ろへ進む。
それ以外の向きには絶対に進まないように気をつけましょう。

シミーの練習動画もアップしています!

超初心者から1日5分楽しく一緒にシミートレーニングできる動画です!ぜひ毎日一緒にやってみましょう!

ヒップスライドの時も基本姿勢は同じです。

怪我がない、むしろ踊っている間に痛みが取れていくような
痛みが解消されていくような身体の動き、エクササイズとなっていく。
ベリーダンスは身体の構造を正しく知って、自分の身体に合った方法で踊ると心と身体の健康にとって素晴らしい効果を与えてくれるものです。

背伸びせず、ゆっくりと丁寧に楽しんでまいりましょう!

身体の自然な動きに沿って、安全に、楽しく踊りましょう!

madoka

鹿児島衣装販売会 by 4M from 大阪

ベリーダンススタジオアルフレイラのmadokaです!

2022年5/28-29の2日間、鹿児島市のベリーダンススタジオアルフレイラにおいて、大阪の4Mさんが200着近くの衣装を持ってきてくださり、販売会を行うことになりました!

4MのReikoさんによるアイメイクレッスンもあります!
ぜひお越しください!

ベリーダンススタジオアルフレイラ

鹿児島市泉町1-8 トマルビル3階303号室

madoka

雨月物語で踊って参ります

【12/14(火)雨月物語】
明日は薩摩川内市、川内まごころ文学館、
物語の世界で踊ってまいります。

言葉や真心という大切な道具の使い方が分からず、何かをすることで、いや又はしないことで、傷付き、傷つけ肉体が崩壊する。肉体を失ってもなお、魂は彷徨い、想いを遂げんとするその様は生きる私たちに結びの言葉とはまた違ったメッセージを突きつけます。

時が経てば他の道もあったのにと分かるのです。どうしてでしょう、
その道しかなかったのでしょうか。


孤独に歩む苦しみの道はたとえ生命を失わず生きながらえ、ひとかどの者と成り上がろうとも、弱き自らの心に向き合い癒すことなく切り捨てた傷痕からは心が生霊のように彷徨い出づることもあるでしょう。
それは単に人の不実を道徳的に断じる向きには何の解もなく、人とは斯様に弱きものと自己にも他者にも認むるところから導きがあると考えます。
もしも誰かと共にその弱き自分を慈しみ生きる道を選べていたなら、その弱さ、そしてそれの転じた哀しみと憤怒の物語は強く温かい絆のお話へ変わっていたでしょうか。

雨月物語は怪談集ではありますが、普遍的な人の業のようなものを思わせるところが今もなお読まれ続けている所以なのかもしれません。

雨月物語を読んだことがある方も
読んだことがない方も
きっと楽しめる舞台です。

鹿児島クラシックギター協会の濱田 貴志さんの導きにより様々な社会から生まれた文化の融合が舞台で見られます。ぜひお越しください!

音楽と絵と朗読による
『雨月物語』
原作 上田秋成
朗読 浜本麗歌
音楽 桐めぐみ
音楽 濱田貴志
舞踏 madoka
絵  石神佑祐
題字 永井麗華
花装飾 笹野千津子(華道蒼仙流教授)
舞台装飾 富永剛(創作竹芸とみなが)
アートディレクション 木下賢也
主催 鹿児島クラシックギター協会

日程
2021年12月14日火曜日
18:00開場 18:30開演
場所 川内まごころ文学館 多目的映像ホール
料金 1500円

2021年12月21日火曜日
14:00 開場 14:30開演
場所 川商ホール(旧/鹿児島市民文化ホール)4階市民ホール
料金 2000円

両日ともに予約制となっております。

お問い合わせは
takhamada2003@yahoo.co.jp
へどうぞ!

2021年12月スケジュール

いよいよ、12月がやってきました!

感染症の拡大対策には努めつつ、日常を取り戻し、日々健やかに生活できるよう前向きに行動していきたいですね!

そして、先月からスタジオのレンタルとしてボクササイズの先生が教室を不定期ではありながらも開講してくださっています!

ご興味のある方、ぜひお越しください!

また、レンタルスタジオにおいては、トマルビルが残り1年強となり、平日のお昼など90分1500円の特価でご提供させていただきます。ぜひご検討ください!Zoomレッスンも同時開催できるようになっております!

そして、もちろん、ベリーダンス、及びヨガなど体を動かすきっかけとしても、ぜひダンススタジオアルフレイラを今後ともよろしくお願いします!

10月頃から少しずつご案内しておりました通り、12月18日には鹿児島市中央公民館でベリーダンス公演を行います!ぜひ皆様お越しください!

感謝!第6回亜羅毘亜の遊庭のご報告

お読みくださっている皆さま
いつもありがとうございます!

そして、第6回亜羅毘亜の遊庭にお越しくださった皆様、
ありがとうございました!

今回のゲストぢゃんシーラカンスさんの素晴らしい歌をトマルビル地下ギャラリーで歌っていただきながら私も踊ることができたことがこの上ない光栄でした。

踊りのために歌っていただいた歌は「ヤイサマ」というぢゃんシーラカンスさんのオリジナル曲でした。

この曲はもう10年以上前からぢゃんさんが歌っていらっしゃるところを何度も見ていて、どうしても踊りたく、一度はぢゃんさんが天文館で弾き語りをしていらっしゃるところで、踊りたい想いを伝えたところ、今ここで踊ってみたらいいじゃん、、となり、夜の天文館アーケード内で初めて踊った曲でもありました。

もう会えない人を真っ直ぐな心で歌い上げるこのうたは誰の心にも刺さるのではないでしょうか。

また、今回はぢゃんシーラカンスさんともご友人である、ジャポニカセブンの美恵さんに衣装製作を依頼し、何時間も打ち合わせを重ねて、私が表現したい世界の衣装を製作していただきました。心から感謝いたします!

左/ぢゃんシーラカンスさん/中央 madoka / 右 美恵さん(ジャポニカセブン)

ぢゃんシーラカンスさんの「ヤイサマ」YouTubeにアップされてますので、ご紹介します!


鹿児島県の隼人町にある熊襲穴とアイヌ語の歌の邂逅を現代で見ることができるのはとても興味深いと思います。

ヤイサマと踊る、今回の映像を少しインスタにアップしています。よかったらどうぞご覧ください!そして、もし面白く感じていただけましたら「いいね!」していただけると嬉しいです!登録もぜひ!ぢゃんさんのYouTubeも!

次回は、「第7回亜羅毘亜の遊庭〜クラシックギターとダンスの競演〜」です!クラシックギター奏者の桐めぐみさんをお迎えして、イベリア半島の歴史に触れながら、現代におけるクラシックギターとオリエンタルダンスの邂逅をお楽しみいただきたいです!

madoka

2021/11/14_亜羅毘亜の遊庭(第6回)へのおさそい

2015年から続けてきている『亜羅羅亜の遊庭』は第6回となりました。

毎回、踊りだけでなく、アラビア珈琲や珈琲占い、「千夜一夜物語」の詩の朗読、ウードやダルブッカ、サックスの方々との共演などさまざまな視点でベリーダンスを中心に視野を広げていく遊び空間のような企画を続けてまいりました。

今度は、ロックシンガーとしてこの夏に新しいアルバムも作られたぢゃんシーラカンス氏をゲストとしてお招きし、「抒情詩を味わう」をテーマに踊りと歌をお送りします。

ここだけの話ですが、(世界中に公開しといて、どこだけの話なのか?という疑問は置いておいて)おそらく私は少なくとも14年近く、ぢゃんシーラカンスとお名前を変える前の大竹秀信氏の頃からずっと氏のファンであります。特に、「ヤイサマ」という楽曲に衝撃を受け、ずっとこの曲で踊りたいと願い続けていました。このうたは、日本語とさる日本と同じ島に存在しながら長く異民族として扱われてきた方々の言語を使った歌です。その方々は九州の南端の山間のムラで生命を繋ぎ、ヤマト的な歴史を誇りとしてきた、日本に住む人々を単一民族と称して憚らない人々とはおそらく違う、自分の祖先とも何かしらのつながりのある方々ではないかと感じています。

歌っている言葉は分かりません。けれど感じる身体の奥から溢れ出るその一つ一つを表現できるとしたら、それは学びながらよちよちと赤子のようにアラビア語への理解へ歩み寄ろうとしている自分のオリエンタルダンスの表現へも繋がる道なのではないかと、大袈裟ながらそう考えているのです。

急なお誘いではありますが、よろしければぜひおいでください。

11/28(日)にはクラシックギター桐めぐみ氏とアンダルシア、ヨーロッパとイスラムの文化をテーマに踊りと演奏。12/18(土)には、まだ進行中の企画部分もありますが、私が2019~2020年、コロナ禍前から最中にずっと取り組んできた踊りと解説を行う公演の準備も進めております。2021年最後の最後ですが、ここまでなかなかご披露できなかった演目を出来る限りの力で皆様のお目にかけたく思っております。

2021年10月体験レッスンキャンペーン!

皆様、こんにちは!
ベリーダンススタジオアルフレイラのmadokaです!
2020年9月25日に、第3回教室生発表会を終え、
お陰さまで、
2021年10月1日からアルフレイラは4期目に入りました!

今回は、4期目記念として、体験レッスン通常1500円を
1000円として、皆様にご紹介させていただきます。
また、Zoom参加も可能です!

初めての方の身体づくりからはじめるプログラムは
10月からスタートが基本ですので、
今月の体験はおすすめです!

新型コロナ感染予防対策のため、レッスン参加人数を限定しております。
ご予約をいただけましたら、スペースの確保いたしますので
お知らせ下さい。

初心者の方が体験参加可能な日程は、
※全ての日程Zoom参加可能です!
【午前】
10/14 木曜10:15-11:15
10/16 土曜10:00-11:00
10/21 木曜10:15-11:15
10/28 木曜10:15-11:15(あとお一人)
10/30 土曜10:00-11:00

【夜間】
10/12 火曜18:30-19:30
10/14 木曜18:30-19:30
10/21 木曜18:30-19:30(あとお二人)
10/26 火曜18:30-19:30
10/28 木曜18:30-19:30(あとお二人)

となっております。

ぜひご検討下さい!

12/18土曜には中央公民館でベリーダンス公演も行います!
通常400席のホールを感染症蔓延防止対策のため
100席にしぼり、また対策を万全に行います。
※状況が変化した場合、中止、延期、増席等の可能性があります。

それでは、よい秋の日々を!

ベリーダンススタジオ アルフレイラ
madoka