カテゴリー別アーカイブ: 日々のこと

視る力と造る力、そして決める力(松陽高校美術科の皆さんと)

5月18日から数回に分けて、鹿児島県立松陽高等学校美術科で彫塑のモデルをしてきました。

モデルを見ながら作る時間といない間に出来ることをする時間をとるそうで、

今回はここでモデルのお仕事はおしまい。

皆さん、熱心に作られていました。

今年の高校美術展や、来年の県美展などに出展される作品になるかもしれないそうです。

 

3年生は、彫塑を選択した、実際にこの道を選ぼうとしている生徒さんたち。

2年生は、モデルを見ながら作るのは初めてだけれど、素描の訓練を1年続けて来た生徒さんたち。

1年生は、志を持って美術科に挑み、そして選抜された精鋭たち。初めて触る粘土に緊張しながらも必死で食らいついていた。

私を物体としてしっかりと見て取ろうとしてくれている情熱は、何にも代え難いエネルギーとなりました。

そして、またこの粘土の世界、彫塑家の田原迫華先生が生徒さんたちへ指導する言葉や姿から面白さを感じました。

一度作った箇所を何か違うと削ってしまうと、本当に何もなかったことになってしまう。

絵ならば、うっすらと跡が残るかもしれない、けれど粘土ならもうそこにはなにもないゼロ。

どんなに迷って、粘土を触り続けても、

この形に向かって進むんだという意志がなければ、粘土は作品として存在するものにならない。

ただの塊。

構成を決めてください。

その意志をどうすると何時間かけて迷ったとしても、今すぐその構成に向かって進む5分でも

結果は同じ。ならば今すぐ決めて!

華先生のお話は、粘土だけでなく、何かしらの作品を作ろうとするものにとって普遍性のあることだと思いながら聞かせていただいておりました。

とても勉強になりました。

E7AA144E-5FC5-43D6-AA2B-98FE1EB25606

たくさんのワタシに囲まれました なんとなく、それぞれの作り手さんと似てくるというのが定理のようです。

3A174250-A5B3-45A2-AFFC-E139D41311FC

こんな風に囲まれて 制作は行われています

452EE641-8890-4AF8-9646-A8E5B3926817

2年生の皆さんと。力作です。

3年生の皆さんとは、実は写真を撮ることは憚られ、残念ながらありません。

モデルがいる間に作品と確と対峙したいという気持ちが授業の間中張り詰めたような緊張感として伝わってきていました。

終業のチャイムとともに解けるかと思われたその緊張感は、不思議と何か美しい糸として張り巡らされたものとして残り、

彫塑室を静謐な空気で満たしていて、私は写真を撮るというのはそれらを汚すような行為に思えて避けたかったのです。

いつか必ずどこかの展覧会でその作品たちに出会えるときを楽しみに

ただ挨拶を交わしお別れしました。

とても素晴らしいお仕事をさせていただきました。

松陽高校美術科の彫塑をされた皆さん、

田原迫華先生、

ありがとうございました!

madoka

 

志のある視線(松陽高校美術科の生徒さんたち)

今日のお仕事はこんな美しい像のある学校で。

鹿児島県の公立高校で唯一、美術科のある高校です。

美術専攻を志望して、難関を突破して来た高校一年生から三年生までの各学年の生徒さんたちの授業でモデルをさせていただきました。

素晴らしい彫塑家で楽しい友人でもある田原迫華先生からご依頼をいただいてのお仕事でした。

生徒さんたちはシンプルな心棒をすでに組んであり、その上にぐんぐんと粘土を付けていきます。

「モデルを観察するのを8割、粘土を見るのを2割。」と先生が生徒さんに声をかけ、彼らが隈なく見つめる瞳に気圧されそうになりながらも、その熱意に自分も応えたく、役割を全うさせていただけたかと思います。

なによりも若く真剣な視線に囲まれて、自分自身も気が満ちる日となりました。

再来週までにあと3回、おうかがいするのが楽しみです。

 

67998DA8-CA1B-4D3A-9008-57C3614861A4 F2F305F4-56B7-494E-867C-9A702708ACDD 7DB1D6AC-65F3-49C2-ABF7-FD650FA68A10 5FF0206D-913F-46B3-BD7E-F2459D01C954

上映前ステージで踊ります!〜〜ヨーヨーマと旅するシルクロード

IMG_1176

マルヤガーデンズの7階。
ガーデンズシネマさんで、『リベロタンゴ』でも有名な
世界的チェロ奏者のヨーヨーマ氏の音楽による異文化交流の取り組み。

シルクロードプロジェクトをドキュメンタリー化した
珠玉の音楽映画です。

このシリアから逃れて来たケマンチェ奏者の政治と文化の関わりを考えずには
いられないストーリーは
先日の国会で成立した法律を無視出来ない私達の状況にも
想い至らせられます。

なにはなくとも
非常に良い映画です。

わたしたちは
発案者のガーデンズシネマの黒岩さんの想い
共に

アラブの3つの時代にフォーカスをあてて
選曲いたしました。
ぜひ見に来てください!

http://yoyomasilkroad.com/

高校生へのメッセージ〜美奈子さんの挑戦〜

IMG_1154

6/10(日)は、毎週熱心に通って来てくださる生徒さんのうちのお一人、
美奈子さんの演舞を拝見しに、
なんと!
久しぶりに高等学校の敷地へ足を踏み入れることに!

美奈子さんは、高校の養護教諭。
私の教室に来るまで踊りの経験はなく、運動も嫌いだったと。
通い始めて約2年、色々な舞台にチャレンジし続けてきた美奈子さんでしたが、

今度は、勤務先の文化祭のステージで、
ベリーダンスを通して高校生たちにメッセージを届けたいと、
3ヶ月間、練習にいそしんでおられました。

私はというと、
美奈子さんが選曲された音楽に振付けをし、練習の指導に取り組みました。
曲は、超有名映画の主題歌。
ファンタジックベリーダンスとでもいいましょうか。
創作のジャンルです。

当日、体育館に一歩足を踏み入れるとすでに午前の部の演目がはじまっており、
600人近い10代の高校生たちの熱気に気圧されそうなくらい。

IMG_1109

最初に目にしたのは、ダンス同好会の溌剌とした踊りと
バリエーション豊かなフォーメーション。
私も完全に心奪われ、胸はどきどき。

美奈子さんは、午後の部のラストだったので、
お昼の間には展示や売店等も見て回りました。
IMG_1110

今時の文化祭に少し寂しさも感じつつも、
制限のある中、一生懸命に取り組んだ痕を見て取り、
感動の連続でした。
IMG_1112

特に、茶道部のお茶会におうかがいした際に、
3人の男子部員達が美しい所作で行き交う姿はとても印象的でした。

さて、そして、いよいよ!

午後の部、美奈子さん、実はサプライズステージということで
IMG_1125
全ての演目を終えて舞台の幕は閉じ、
さて終わったと会場は少しざわつき始めます。

そこへ突然幕が開き始め、どまんなかにキラキラ光る衣装を身に着けた
美奈子先生。
IMG_1130

満場の高校生のどよめき、
立ち上がっては後ろの人を気にして座り、
耐えられずにもう一度立ち上がりと、浮き足立つ生徒たち

私の座る保護者席でも、
何が起きたのかと、ざわざわ、「あ!先生じゃない?!」

そして鳴り始める音楽。

大ヒット映画の主題歌。

日々、さまざまな情報に接し、
自分自身はどんな力があるのか、
かつて誰かに否定されたその力は
本当はこれから自分の道を切り拓く為の大切な才能なのではないか、

常に悩みを打ち明けられる立場である美奈子先生から

彼ら全員を抱きしめるように、
ありのままで
そこから始めよう、、、と

保健室に来る生徒には一人一人話しが出来るが、
目の届かないところにも言えない想いを抱えた生徒たちが居るのではないか
そういう想いもあったそうです。

割れんばかりの拍手が鳴り響く体育館。
素晴らしい演舞に感動致しました。

見事に踊りでメッセージを届けたのでした。

このサプライズのステージを敢行する為に
学校の先生方や生徒さんたちが惜しみない協力をしてくださったと
うかがいました。
とても素敵な皆さんのいらっしゃる学校なのだと感じ入ると同時に

美奈子さんの日頃のお仕事ぶりが皆さんの
お心を動かしたのだろうとも思いました。

お陰さまで、
私も良い仕事をさせていただきました。

ありがとうございました!

IMG_1155

祖父の8ミリ

今日はベリーダンスのお話とはまた違う、映写機のお話。

15403763_1030566120388696_2164622612979931447_o

祖父から預かっている8ミリの映写機、ベルト部分が壊れて何年も経ちます。

満州生まれ、満州育ち、終戦後はシベリアに収容され2年半の月日を経て復員し、
数学教師として定年まで勤め上げた祖父は90歳を越えて骨折しても、
自ら自宅でのノルマを作成し、リハビリをこなし元気に回復したり、
戦前戦後の体験を資料を詳しくあたりながら体験記を作成したり、
私の尊敬する人です。

子どもの頃は、よく8ミリで私達きょうだいを撮影してくれてました。
そして、夜になると和室の壁に投影して、上映会。
テレビも消し、ゲームもない夜。

自分たちを見るのも楽しみでしたが、母や叔父たちが子どもの頃の映像も
音は聴こえませんが、彼らが楽しそうに走り回り、何かを語り合う姿が
カタカタと光と影でぎこちなく且つ躍動的に映しだされているのを見るのも好きでした。

そうは言っても、預かってから随分月日が経ち、
今度は祖母も90歳に近くなってきています。

願わくば、あの映像をまた皆で見たいと思っています。

情報収集中です。

15403609_1030566180388690_5325358253413262694_o
メーカーのエルモさんはもう修理をされないそうなので、
今度東京に行くときにネットで見た墨田区の会社に持ち込んでみようかと思っています。

どなたか何かご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください!

madoka

第8回鹿児島中央駅周辺 ずんばいよか祭りのステージで踊ってきました!

img_7930

鹿児島中央駅ビル、アミュプラザの正面。アミュステージでのご披露でした!

2016年10月16日日曜日、
綱引き決勝戦で優勝が決定し、盛り上がるさなか、
表彰式までの間、ダンスをご披露させていただきました。

img_7914

前日まで雨が心配されていましたが、いい天気! 白熱した綱引き合戦が繰り広げられます! 全員で600kgまでと体重制限あり、男女混合チームが意外に強かったです!重しがいっぱい出来るからでしょうか。。

今回は、たまたまスケジュールのあった生徒さんでそうなっただけなのですが、 続きを読む

花のかんばせ。花顔。

14707881_971601076285201_8460027621284183463_o

お教室に通って来てくださってる生徒さんたちに、
一年継続のお祝いとして花飾りをプレゼントしようとずっと思っていました。

もうすでに一番最初に1年経った方は、今年の3月にいらっしゃって、
半年後の今になっちゃったのですが、やっと出来ました!

造花は髪になじむ楚々とした色と形を一人一人のお顔を思い浮かべながら、
共研公園向かいのkinenbiさんで選びました。

なかなかこれという花があちこち行っても見つからず、
お店に入った8月のある日に、急に降り出した雨があがるのを待っている間に
発見しました。

不器用ながら土台部分ができるだけ自由に動くように工夫して作るので、
裏返すと苦労の跡が見えてしまうのですが、
皆さんに喜んでもらえたようでよかったです!

今週末16日に鹿児島中央駅アミュ広場で行われる「ずんばいよか祭り」のステージで
17:00からお花を飾った生徒さんたちと私と一緒に踊ります!

14468435_1207752105963064_4606858938333238947_o

「ずんばいよか」とは、鹿児島弁で「とてもいい!」の強調版です。
ずんばいよかステージにしようと思います。

お祭りもぜひ楽しんで行ってくださいね!

madoka