カテゴリー別アーカイブ: 日々のこと

ユニゾンとランダムのダイナミズム

来週初お披露目の新作パフォーマンスを特訓中です。

69E84813-CF6B-40A7-8B95-743762E55A47

5E01B069-DB26-44BC-8E89-04C5E0FAE1AE

群舞の面白さは一人一人がそれぞれの持ち場を完璧に演じることもありますが、
舞踏家の藤條虫丸さんが教えてくださった「全体を一つの絵画のように描くこと」を意識しながら作っています。

力強く、ベリーダンスの面白さも味わえる
美しく楽しい仕上がりになっています。

あともう一息!

☆一緒に踊ってみたい方も募集しています!

madoka

屋久島の春2019【第3日目】〜帰り道〜

3日目は13:30宮之浦港出港の船で鹿児島市へ戻ります。

朝ゆっくり起きましたが、1日目2日目と天気に恵まれていました。
この日は雨。
屋久島は雨が多い土地です。それはそれで屋久島らしい一面を見ることが出来ました。

屋久島南部に行くと必ず目を惹くモッチョム岳からの湧水という
山河湧水(ヤマンコユウスイ)。
お水を水筒に頂戴して帰りました。
味もおいしく、触ると柔らかい。
06622269-13B6-4983-BDCC-783700D127AC

7DA05020-5C38-49D0-99F7-E10548B277E4

カレーも食べて。
292F89F2-92CB-4983-91A5-053588EE5799

フェリーに乗り込み、4時間の船の旅。
錦江湾に入ると雨もやんでおり、開聞岳が美しく見えていました。

516D6F09-2F3F-4055-971D-1CD5D1E0E237

屋久島の春2019 おしまい

madoka

屋久島の春2019【第2日目】その2〜ふたたび工房へ〜

前日の約束通り、「株式会社 やわら香」さんの工房へ戻って参りました。
この日は、工場長の小西さんにご案内頂きました。

約24時間前に見た抽出が完了し、蒸した地杉を引き上げる瞬間です。
優しい香りと蒸気が工房に広がります。
DBD195FC-0C7C-44A1-B91D-0F6D8C8F68DA

引き上げたての地杉の香りと蒸気を浴びさせていただきました。
C39361A7-9E3E-4A53-B578-57EC54646FBA
とても良い香りです!

これはなんだったか、ご説明頂いたのに忘れてしまいました。
小西さんのスペイン滞在話とともに珍しい抽出液を見させていただきました。
C5AD1327-7DB6-4E5B-8409-62083827D803

そして五分で出来るアロマウォーターをElianaさんとエリカさんが作ってました!
私は、トマルビル3Fの「島の記憶」さんで経験済みなので、撮影に徹しました。
8468C2D3-FBD0-4998-ACA3-C45240F3021D

そして、近くにあるChiyoriyaさんという発酵をテーマにしたお食事を出してくださるお店へ。
とても美味しかったですよ。
BF1EAC7A-51E3-4A82-847C-A2E4C48F2BCB

酵素ジュースも!
50479312-4BBF-406E-98CA-7AE381647DEC

豆乳プリンも!
FF5D161F-722E-4484-9AA2-AAF6C0C7D22F

また行きます!
0ECBB2F0-00F4-4261-8E1A-BFA1E1F98045

屋久島の春【第3日目】〜帰り道〜

madoka

屋久島の春2019【第2日目】その1〜大川の滝と海中温泉、そして珊瑚

道連れのエリカさん曰く、
滝は早朝に行くのが良い!とのこと。
屋久島には九州最高峰の宮之浦岳を抱く山々から、清澄な水が流れてきます。

屋久島南部の「日本の滝百選」にも選ばれている大川の滝(オオコノタキ)へ行きました。
883C738C-F284-4D32-BA1A-643CF9B3100C

たくさんのしぶきを浴びることが出来ます。
心地よい朝です。
ひとしきり美しい水と遊ばせていただいて、
海中温泉荘さんでおいしい朝ご飯!
1131B331-4DD6-4949-802E-B659F0B7E2C6

それから珊瑚礁近くの浜を散策し
21D026F0-C8C5-43CE-839C-2668AA8381C9

いよいよ海中温泉のお時間です!
E09728B8-4CDE-420F-94C7-A6E20FB341D7

地元の方や、海外からのお客様が多いとのこと。
写真撮影はNGだそうですが、自分たちだけを海をバックに撮るならよいということで、
自分で撮ります!
9F0F7EC8-269F-42E7-992D-24B05C34C3DF

浴槽風に切り取られた岩が3つあります。
2つは足下の岩の間から源泉が湧いてきます。
東側の1つは源泉用浴槽と海の間にあり、少しぬるめです。

上がり湯も源泉からで、最後は海水の全く入っていない綺麗なお湯で身体を流すことが出来ます!
水着で入ることは出来ません。
持参のタオルか周辺でタオルの巻きスカートの様なものを貸してくださるところもあります(有料)。
私達は平内温泉荘さんに宿泊したので、温泉荘さんがご準備してくださっていました。
らくちんでした。

屋久島の春2019【第2日目】その2〜ふたたび工房へ〜

madoka

屋久島の春2019【第1日目】その3〜平内海中温泉荘さんへ〜

4/5金曜日が新月、大潮ということで、
引き潮の時に入ることの出来る海中温泉へ行ってみよう!と、
海中温泉のすぐそばにある平内海中温泉荘さんに宿を取りました。

D37D2AA2-9450-4530-B6B1-94A994491E8C

メディアにも度々取り上げられていますよね。
D6A64B4E-AE27-4FAD-966B-CB45A4EC76EE

本当に近くです!

D53AA1CD-982C-43DD-B812-5DFB1A9F8902

到着した17:00頃はまだ温泉は海の中でした。

食事をして大潮の時間夜中の12時を待ちます。
宿のご主人が漁をしてとってきたお魚を奥様が調理してくださいます!
豪華!
FBDDD1EE-3C9C-4760-B84A-F43F13F082A0

ご主人が、大潮の時間にならなくても夜の10時くらいになったら温泉には入れるよと教えてくださいました。
大潮の前後3時間くらいが温泉の出現時間だそうです。

10時頃を待って、真っ暗な海へ向かいました。
真っ暗すぎて何も写真には写りません。
風も強くて、怖いので足湯だけ入りました!
D52EC18E-4142-420F-B1D3-00D84BCF8DFB

実際に温泉につかるのは次の大潮、12時間後前後の午前10時頃を狙うため、
早々に眠りにつきました!

屋久島の春2019【第2日目】その1〜大川の滝と海中温泉そして珊瑚〜

madoka

屋久島の春2019【第1日目】その1〜フェリー屋久島2で〜

2015年1月に「中近東音楽と踊り」を屋久島宮之浦の環境文化村センターで開催させていただいてから
約4年も経ちました。本当に久しぶりの屋久島にお伺いして参りました。

きっかけはダンススタジオアルフレイラがあるトマルビル3Fのお隣さんです。
屋久島で採れる地杉やたんかんの捨ててしまう部分を使って「循環」をテーマに
アロマオイル作りをされている「株式会社 やわら香」の出張所「島の記憶」の優子さんと出逢って、
遠くないうちに屋久島にお伺いしたいと思っておりました。

度々綴っておりますが、ポールダンサーのElianaさんと私は京都のとあるサロンで共に
アロマトリートメントをしていた元同僚でもあり、Elianaさんは今もご自身のサロンをお持ちで、
私は趣味として、アロマオイルやボディトリートメントを楽しんでいることから、
4/6の「薩摩おごじょに贈るポールダンスショー&ベリーダンスショー2019春」の日程近くで
「島の記憶」さんの工房見学に行ってみようと言うのが今回のテーマでした。

さて、4/3水曜日8:30出港のフェリー屋久島2に乗って鹿児島港から出発です!

車載部分の上に、客室1〜3Fのフェリーです。

船内を探検。
最上階3階のデッキから徐々にあちこちを歩きます。

まずは外を見て。

E34B93D3-31BF-4F80-A2D0-01DCEBE55044

船尾の向こうに桜島。港を出港すると水上で徐々に旋回し向きを変えます。

2階にはシアタースペースがあります。
納涼船の役割をする時に、ここで日本舞踊等が催されるようです。
いつかここで踊ってみたいです!折田汽船様!ぜひオファーを!
97A5EA0B-1422-48DA-8DD2-263D26D0D8AF

1階奥にはうみがめルーム。
鹿児島の屋久島や吹上浜ではたくさんのウミガメさんが産卵しにやってきます。
研究の為に保護し1年間フェリーの中で、海からくみ上げた水で飼育したウミガメさんは放流されるそうです。
2F110D29-030F-4C5B-A25C-05F41E97BCF7

宿り木が水槽に浮かべてありました。
55AA48BB-1000-44B0-A3EF-0B0E1FEB19E1

可愛いです。
1525F5F8-5A10-48A6-8948-7433B47EFCD3

2階のシアターの前にはおうどんとおそばが食べられる食事処があります。
なぜでしょう、フェリーの中で食べるうどんの美味さ!堪えられません!
13F43685-E795-4A26-A186-5E5604387A08

屋久島到着まで約4時間。
12時半に宮之浦港へ入港です!
14DA305E-5F27-4C4A-A5D5-4ACE717937DF

港にはElianaさんと同じく関西でポールダンサーをしていらっしゃるエリカさん(お休み中)が飛行機で到着されていて、
いざ、今回の目的地「株式会社 やわら香」さんの工房へ参ります!

【第1日目】その2〜島の記憶へ

madoka

3/24ダンスアイテムフリマ@スタジオの活用とは

本日はダンスアイテムフリマを開催致しました!

真四角のなにもないスタジオですが、
間仕切りすると、なんとかなるものです。

簡易試着室
0204B672-12CE-4A89-945B-9573FABA6ECC

フリマスペース
みなさん、綺麗に保管されていらっしゃるのでお買い得のものが多いです!
B8225932-0CB0-4DF5-BA4E-C152CF9BA089

サロンスペース
出品されたよしこさんとサロンスペースでお茶しながらお客様待ち。
4C63672C-42AC-486F-9C6A-0A70604E413E

おやつは私の大好きなハワイアンチップスサワークリーム味
めったにポテトチップスを食べることはないのですが、これは好きで開けると食べきってしまう危険な食べ物。
9E004024-D6F0-4C76-B455-22C878790CC3

ポールダンス&ベリーダンスショーのチケットを買いに来てくださった方も
商品を見に来てくださった方も
注文販売のファンベールを見てくださった方も
ありがとうございました!

最後に1FのカフェSuiさんで夕飯とケーキを頂きました。
おいしかったです。モノスゴク。Suiのあやのさんはパティシエさんでもあるんです。
ランチだけでなく、ぜひともカフェタイムにもご利用下さいませ♪
D662A3E9-C16C-45DA-AC98-B5D125B769FF

次回のフリマは4月下旬か、5月上旬の予定です。
出品されたい方(受託可)、エアコン資金の寄付にしてくださる方、
お問い合わせお待ちしております!
日程決定し次第またお知らせ致します!

madoka

堂園クリニックさんでのお仕事☆卒業です

【マタニティベリーダンスエクササイズ✨】
2013年4月から始まった鹿児島市伊敷にある産婦人科の堂園クリニックさんでの妊婦さんと産後ママのベリーダンスエクササイズクラス。

本日、クリニックさんのシステム改変と6年間の区切りをもって終了することとなりました。

最初のクラスに来てくださっていた妊婦さんのお腹にいた赤ちゃんたちは今春から小学校に上がるということになるわけです。

感慨深いものがあります。

DE12419B-CEEB-4E8E-A593-4F5C8BBC7B27

堂園光一郎先生と。公私ともに様々に気にかけてくださってとても楽しい優しい先生です!

堂園クリニックの堂園光一郎先生、助産師さんや看護師さん、事務のお仕事をされる皆様やお茶やお菓子を作ってくださる厨房の皆様、お掃除をしてくださる皆様までさまざまなご助言や励まし、応援をいただいての6年間でした。

実際に妊婦さんや産後の身体ケアをしたい女性の皆さんとエクササイズに取り組むことができたのは大変貴重な経験となりました。

今後もこの経験を活かして、女性の身体の健康をさせる一助となれるよう力を出していきたいと思っております。
環境を整えられるのであればダンススタジオアルフレイラでの継続を実現したく思っています。

通ってきてくださったみなさま、
堂園クリニックのみなさま、
そしてこのお仕事を紹介してくださった素敵なお姉様M様、
本当にありがとうございました!

またどこかでお会いしましょう!

B50EB1F9-F08A-4F8D-8598-0FAF2F33F193

ラストクラスにご参加下さった上野様と福田様。赤ちゃんとの生活そしてこれからの出産が幸多きものとなりますよう!

F0332C89-9F72-4E7A-8217-C2F9355C4986

リラックスが肝要ですよ!イェイ!

B699CB9E-0D28-43A2-A6D1-ABFC28B3DD04

堂園クリニックの皆様から頂いたお花。少し寂しいけれど、皆様の元で付けた力をまたどこかでお返ししていきたいです!ありがとうございました!

madoka

視る力と造る力、そして決める力(松陽高校美術科の皆さんと)

5月18日から数回に分けて、鹿児島県立松陽高等学校美術科で彫塑のモデルをしてきました。

モデルを見ながら作る時間といない間に出来ることをする時間をとるそうで、

今回はここでモデルのお仕事はおしまい。

皆さん、熱心に作られていました。

今年の高校美術展や、来年の県美展などに出展される作品になるかもしれないそうです。

 

3年生は、彫塑を選択した、実際にこの道を選ぼうとしている生徒さんたち。

2年生は、モデルを見ながら作るのは初めてだけれど、素描の訓練を1年続けて来た生徒さんたち。

1年生は、志を持って美術科に挑み、そして選抜された精鋭たち。初めて触る粘土に緊張しながらも必死で食らいついていた。

私を物体としてしっかりと見て取ろうとしてくれている情熱は、何にも代え難いエネルギーとなりました。

そして、またこの粘土の世界、彫塑家の田原迫華先生が生徒さんたちへ指導する言葉や姿から面白さを感じました。

一度作った箇所を何か違うと削ってしまうと、本当に何もなかったことになってしまう。

絵ならば、うっすらと跡が残るかもしれない、けれど粘土ならもうそこにはなにもないゼロ。

どんなに迷って、粘土を触り続けても、

この形に向かって進むんだという意志がなければ、粘土は作品として存在するものにならない。

ただの塊。

構成を決めてください。

その意志をどうすると何時間かけて迷ったとしても、今すぐその構成に向かって進む5分でも

結果は同じ。ならば今すぐ決めて!

華先生のお話は、粘土だけでなく、何かしらの作品を作ろうとするものにとって普遍性のあることだと思いながら聞かせていただいておりました。

とても勉強になりました。

E7AA144E-5FC5-43D6-AA2B-98FE1EB25606

たくさんのワタシに囲まれました なんとなく、それぞれの作り手さんと似てくるというのが定理のようです。

3A174250-A5B3-45A2-AFFC-E139D41311FC

こんな風に囲まれて 制作は行われています

452EE641-8890-4AF8-9646-A8E5B3926817

2年生の皆さんと。力作です。

3年生の皆さんとは、実は写真を撮ることは憚られ、残念ながらありません。

モデルがいる間に作品と確と対峙したいという気持ちが授業の間中張り詰めたような緊張感として伝わってきていました。

終業のチャイムとともに解けるかと思われたその緊張感は、不思議と何か美しい糸として張り巡らされたものとして残り、

彫塑室を静謐な空気で満たしていて、私は写真を撮るというのはそれらを汚すような行為に思えて避けたかったのです。

いつか必ずどこかの展覧会でその作品たちに出会えるときを楽しみに

ただ挨拶を交わしお別れしました。

とても素晴らしいお仕事をさせていただきました。

松陽高校美術科の彫塑をされた皆さん、

田原迫華先生、

ありがとうございました!

madoka

 

志のある視線(松陽高校美術科の生徒さんたち)

今日のお仕事はこんな美しい像のある学校で。

鹿児島県の公立高校で唯一、美術科のある高校です。

美術専攻を志望して、難関を突破して来た高校一年生から三年生までの各学年の生徒さんたちの授業でモデルをさせていただきました。

素晴らしい彫塑家で楽しい友人でもある田原迫華先生からご依頼をいただいてのお仕事でした。

生徒さんたちはシンプルな心棒をすでに組んであり、その上にぐんぐんと粘土を付けていきます。

「モデルを観察するのを8割、粘土を見るのを2割。」と先生が生徒さんに声をかけ、彼らが隈なく見つめる瞳に気圧されそうになりながらも、その熱意に自分も応えたく、役割を全うさせていただけたかと思います。

なによりも若く真剣な視線に囲まれて、自分自身も気が満ちる日となりました。

再来週までにあと3回、おうかがいするのが楽しみです。

 

67998DA8-CA1B-4D3A-9008-57C3614861A4 F2F305F4-56B7-494E-867C-9A702708ACDD 7DB1D6AC-65F3-49C2-ABF7-FD650FA68A10 5FF0206D-913F-46B3-BD7E-F2459D01C954